2022/06/27(月)

10時50分16秒

闇株新聞

世界の出来事を独自の見解で読み解く 刺激的金融ブログ

検索

ウィルス対策【2】    横尾宣政

| 未分類 | 2022年5月16日 |

 ウィルス対策(2)   横尾宣政

 岩手県の「岩手サファリパーク」でエミュー3羽が死に、検査の結果、このうちの2羽から鳥インフルエンザウィルス「H5亜型」が検出された。岩手県は、施設内にいるエミュー2羽とダチョウ8羽を殺処分し、施設から半径10キロ圏内の鶏肉・卵の搬出を禁じた。北海道でも、網走市と釧路市等、4例の鳥インフルエンザ発生が確認されている。

 4月4日には、札幌市内で高病原性鳥インフルエンザウイルスに感染したキタキツネが発見されたが、これは国内で哺乳類が感染した初めてのケースである。また、4月8日には、高病原性鳥インフルエンザウイルスに感染したタヌキが、札幌市内で発見されている。

 2003年以来、世界では20か国以上の国でヒトへの感染が確認されており、中には、エジプト(発症者359人でうち120人が死亡)、インドネシア(発症者200人でうち168人が死亡)、ベトナム(発症者127人でうち64人が死亡)のように多くの発症者が出ている国もある。

 幸い日本においては、哺乳類が感染した事例は1件もなかったが、哺乳類が鳥インフルエンザウイルスに感染し始めたことで、「動物由来感染症」に繋がる恐れが強くなってきた。鳥だけでなく、哺乳類に感染するウィルスが出てきたのであれば、動物からヒトに感染する可能性も考えなければならない。

 従来から「動物由来感染症」として有名なのは、狂犬病(犬)・エボラ出血熱(猿)などであり、これらは極めて致死率が高い。また、最近では、タヌキ・ハクビシン等から感染したSARSが流行した。

 野生動物の感染で怖いのは、彼等からヒトに感染する可能性が高いにも拘わらず、彼等の中で感染が広がっていることに気が付かず、彼等の死体が発見されるまでその実態が把できないことである。その為、人間に対する医療従事者だけでなく、獣医の協力も重要になってくる。近年、田舎にいた野生動物が、餌を求めて都会に入り込んできており、散歩の過程でペットが罹患する可能性も出てきている(野生動物の糞尿から)。

 「動物由来感染症」には、動物から直接感染するケースもあれば、ペストのように、ネズミに取りついたノミやシラミを経由する間接感染のケースもある。哺乳類に入り込んで増殖するウィルスに変異したあとは、あらゆるケースを考えて対策を考えなければならない。

 鳥インフルエンザウイルスは、鼻やのど、肺などの呼吸器粘膜で増殖する。そこで、筋肉注射や皮下注射ではなく、不活化した鳥インフルエンザウイルスを、目や鼻に噴霧するワクチンが考えられていた。

 ウィルスが最初に取りつく鼻等の粘膜に接種することは効果的だと思う。しかし、免疫応答を目的としたワクチンではなく、直接ウィルスを攻撃する(不活性化する)ものを考えるべきではないか。すなわち、気体でウィルスと同じ経路をたどり、彼等を攻撃する方法である。

 特に、致死率の高い、強毒性鳥インフルエンザウイルスのように、発症した時点で既に手遅れになっているウィルスは、体内に入ってきた瞬間をたたくことが重要だと思う。

 血液を通じて感染するウィルスは、体内でウィルスが増殖して、発熱・痛み・倦怠感・吐き気・下痢などの症状が出てこなければ対応できない。勿論、ワクチン接種という方法もあるが、ワクチンには有効期間(時間が経てば効果が減少する)があり、コロナのように数カ月に1度の割合で接種しなければ効果が持続しないものもある(有効なアジュバンドが開発されれば、期間や効果を向上できるが)。しかし、呼吸器官から侵入して呼吸器粘膜で増殖する、鳥インフルエンザウイルスやコロナウイルスの場合は、体内のウィルスを増殖する前に不活性化することが可能である。

 「うがい」がその一つだが、体内に入ってきたウィルスを完璧に除去することはできない。喉までが限界であり、その奥に入ってきたウィルスには対応できない。

 しかし、帰宅するたびに「(ウィルスを不活化する液剤を)気化して吸い込む」ことができれば、体内に入ってきたウィルスを、増殖する前に不活性化できる筈である。気化した液剤は肺の中まで入ってくるのだから完璧である。

 その為には、ウィルスを完璧に不活性化する、人体に悪影響のない液剤(飲んでも、目に入っても大丈夫な液剤)が必要である。
 
※ウィルス対策(1)は3月7日(月)に掲載。

横尾宣政