2020/09/18(金)

11時07分32秒

闇株新聞

世界の出来事を独自の見解で読み解く 刺激的金融ブログ

検索

■闇株新聞はThe Stray Timesに変わりました。■

闇株新聞はThe Stray Timesに変わりました。

■下記のバナーをクリックしてください。■

闇株新聞はThe Stray Timesに変わりました。

カテゴリー:政治・政策提言-事件の記事一覧

ベイルート大爆発の複雑な背景

| テロ・陰謀・超現象編 | 政治・政策提言 | その他 | 事件 | 中東 | 2020年8月08日 |

 現地時間8月4日、中東レバノンの首都ベイルートで大爆発が起こった。6日時点で死者が135名、負傷者が5000名以上とされるが、まだ100名以上が行方不明である。

 爆発はベイルート港に保管されていた2750トンもの硝酸アンモニウムが爆発したもので、この硝酸アンモニウムは2013年にロシア船がモザンビークに運…

河井議員夫妻逮捕と、弱体化する安倍政権と、存在感のない野党

| 官僚組織編 | 政治・政策提言 | 事件 | 日本 | 2020年6月19日 |

 東京地検特捜部は昨日(6月18日)午後、自民党を前日離党した河井克行・前法相と妻の案里・参議院議員を公職選挙法違反(買収)の容疑で逮捕し、すぐさま両議員の議員会館など関係先を家宅捜索した。

 両議員の逮捕は前日からマスコミで確定的に報じられていたが、最後まで主語が「捜査当局」となっていた。…

黒川検事長辞任後の検察庁は、官邸と対決するのか「新たな守護神」となるのか?

| テロ・陰謀・超現象編 | 政治・政策提言 | 事件 | 日本 | 2020年6月11日 |

 「官邸の守護神」といわれた黒川弘務・東京高検検事長(当時)は、「降って湧いたような賭け麻雀」騒動で5月21日に辞任、後任に林真琴・名古屋高検検事長が横滑りし、次期検事総長が決定的となった。

 それでは黒川氏が去った検察庁は、その本来の職務である「官邸だろうが国会議員だろうが悪事は悪事で摘発…

検察庁法改正でマスコミが報道しない「真実」

| テロ・陰謀・超現象編 | 官僚組織編 | 政治・政策提言 | 事件 | 日本 | 2020年5月30日 |

 官邸は1月31日に「官邸の守護神」と言われた黒川弘務・東京高検検事長(当時)の定年を閣議で半年延長し、強引に検事総長に就けようとした。そして「後付け」で検察庁法を国家公務員法と束ねて改正し、定年延長の法的根拠を整えようとしていた。しかし野党だけでなく肝心の検察OBやSNSからも反対の声が広がり、5月18…

出てきたオバマ政権時の悪事 「オバマゲート」とは?

| テロ・陰謀・超現象編 | 政治・政策提言 | その他 | 事件 | 米国 | 2020年5月16日 |

 米国の政治問題については、中国のコロナウイルス発生と情報隠蔽により世界に惨劇を引き起こした責任追及が中心問題になりつつあるが、米国内では負けず劣らずの重要問題として「オバマゲート」が浮上している。

 もともとトランプ大統領とオバマ前大統領は犬猿の仲で、トランプはオバマ政権の実績とされるオ…

混沌とする中東・イラン情勢で再確認しておかなければならないこと

| 政治・政策提言 | その他 | 事件 | 米国 | 2020年1月18日 |

 1月3日にトランプ大統領がイラン革命防衛隊のスレイマニ司令官を空爆で殺害し、「英雄」を殺害されたイラン国民の怒りに配慮してイラン政府が1月7日にイラクの米軍基地をミサイル攻撃した。その時点で全面戦争の恐れまであったものの1月8日のトランプ大統領の会見は全面戦争を回避するものだったため、世界に(特に株…

ゴーン被告の国外逃亡 なぜ日本当局からの公式発表がない?

| 個別企業編 | 日本 | 日産自動車 | 事件 | 2020年1月04日 |

ゴーン被告の国外逃亡 なぜ日本当局からの公式発表がない?

 ゴーン逃亡については、海外や「関係者」からの情報を各マスコミがそのまま流すだけで、肝心の日本当局からの公式発表がない。マスコミのいう「関係者」とは、通常では官邸や捜査機関を指すが、まだお役所が正月休みであるからか、現時点まで何の公…

だいぶ謎が解けてきたゴーン被告の国外逃亡

| 個別企業編 | 日本 | 日産自動車 | 外交編 | フランス | 事件 | 2020年1月03日 |

だいぶ謎が解けてきたゴーン被告の国外逃亡

 昨年末に日本から国外逃亡し、中東レバノンに逃げ込んだゴーン被告の逃亡の謎がだいぶ明らかになってきた。

 1月2日にトルコ政府が、ゴーン被告の国外逃亡に関与したとされるパイロットなど7名を拘束している。トルコ政府は、ゴーン被告を不正な手段で国外…

ゴーン被告がレバノンに国外逃亡!  (速報版)

| 個別企業編 | 日産自動車 | 外交編 | フランス | 事件 | 2019年12月31日 |

ゴーン被告がレバノンに国外逃亡!  (速報版)

2019年の年末ご挨拶を掲載したばかりであるが、そこに「とんでもないニュース」が飛びこんできた。この「とんでもない」にはいろんな意味がある。

 証券取引法違反や背任容疑で起訴され、現在保釈中だったカルロス・ゴーン被告(日産自動車元会長)が…

■闇株新聞はThe Stray Timesに変わりました。■

闇株新聞はThe Stray Timesに変わりました。

■下記のバナーをクリックしてください。■

闇株新聞はThe Stray Timesに変わりました。