2022/06/27(月)

10時50分16秒

闇株新聞

世界の出来事を独自の見解で読み解く 刺激的金融ブログ

検索

カテゴリー:未分類の記事一覧

金利の考え方    横尾宣政

| 未分類 | 2022年6月27日 |

金利の考え方      横尾宣政

 昔、スイスはゼロ金利らしいと聞いて驚いたことが有る。そんな状況で銀行はどのように利益を上げているのだろうか、凄く疑問を感じた。そのような私達にとって今の日本の状況は想像できない世界だった。

 逆に考えると、今の金融マンで高金利を知っている人…

日銀の政策      横尾宣政

| 未分類 | 2022年6月20日 |

日銀の政策      横尾宣政

 米国は過去の金融緩和策を大きく転換し、再三金利を上げ始めた。その間に、ドル円相場は急激に円安となり、115円から一気に135円に移行した。

 しかし、日銀は一向に超低金利政策を変更しようとしない。マスコミは、日米金利差が円安の原因とし、それを批…

ファンダメンタルズ     横尾宣政

| 未分類 | 2022年6月13日 |

ファンダメンタルズ     横尾宣政

 年初115円前後で動いていた為替(ドル円)は、ウクライナ侵攻に合わせたかのように円安に動き始め、先週末には134円半ば近くまで円が売られた。

 TVのニュースでは、相変わらず米国との金利差が原因と言っているが、果たしてそうなのだろうか。日…

内熱調理の実践      横尾宣政

| 未分類 | 2022年6月06日 |

内熱調理の実践         横尾宣政

●外熱調理

 従来の料理法であり、薪・炭・ガス・電気(コンロ、炊飯器、IH)などを利用した加熱調理。加熱により調理器具(鍋やフライパンなど)が熱せられ、次にその熱がタレや食材に伝わり調理していくというもの。食材も表面から中に向かって加熱され…

食の革命          横尾宣政

| 未分類 | 2022年5月30日 |

食の革命          横尾宣政

 人類が日常的に火を使用し始めたのは、12万5000年前(40万年前という説もあるが)と言われているが、加熱することでタンパク質などの栄養摂取が容易になり、細菌などの病原菌や寄生虫を排除することが可能になった。

 しかし、それ以降の12万5…

食の将来【1】      横尾宣政

| 未分類 | 2022年5月23日 |

食の将来(1)       横尾宣政

 昨今、SDGsという言葉をよく耳にする。持続可能な17の目標が掲げられているが、「食」の世界でそれらの目標を考えるには、「食材」と「調理」の両面からのアプローチが必要である。

【食材】

①畜産、海産物

 環境問題として注目されているの…

ウィルス対策【2】    横尾宣政

| 未分類 | 2022年5月16日 |

 ウィルス対策(2)   横尾宣政

 岩手県の「岩手サファリパーク」でエミュー3羽が死に、検査の結果、このうちの2羽から鳥インフルエンザウィルス「H5亜型」が検出された。岩手県は、施設内にいるエミュー2羽とダチョウ8羽を殺処分し、施設から半径10キロ圏内の鶏肉・卵の搬出を禁じた。…

分離型ワラント債の活用       横尾宣政

| 未分類 | 2022年5月09日 |

分離型ワラント債の活用       横尾宣政

 日本においてワラントのイメージは悪い。無価値になって投資した資金全てをなくしてしまう商品と思われているようだ。その原因は、ワラントを勧めた営業マンと、ワラントを購入した顧客の双方が、ワラントを理解していなかったことにある。

金利と為替の動向【4】      横尾宣政

| 未分類 | 2022年5月02日 |

金利と為替の動向(4)      横尾宣政

 日銀は、長期金利の上昇を抑える為に今月20日から行ってきた「指値オペレーション」を27日と28日にも行うと発表し、「0.25%」での買い入れを7営業日連続で行った。更に日銀は、28日に大規模金融緩和策を維持すると発表した。民放の番組に出演してい…

金利と為替の動向【3】      横尾宣政

| 未分類 | 2022年4月25日 |

金利と為替の動向(3)        横尾宣政

 為替(ドル円)が動く理由として日米金利差や貿易収支が挙げられる。今回も、NHKから民放に至るまで、あらゆる放送局が「金利の高い米国に運用資産が動いているから円安・ドル高になっている」と解説しているが、本当にそうなのだろうか。

 そうで…